Ethereum Blockchain

IoT普及に向けた思索 How to make money out of it.

IoTへの取り組みを見ていると、その価値を見出すことができずに、もどかしい状態に陥っている現場が多くあるよに思う。とりあえず、センサーを取り付けてラズパイ経由でクラウドのサーバーに送っただけだったり、ハリボテのようなプラットフォームを組み...
IoT

IoTでただちに利用可能な機械学習

ステマにするつもりはないのですが(笑 読者が殆どいないブログななのに!)、自社サービスのIoT Platformで、4月からMLの推論部分がエッジでも利用できるようになっていました。 デモする必要もあったので、作成した動画が以下です。 Cu...
IoT

XGBoostをpmmlに出力

以前作成したモデルを、自社製品に取り込めるようPMML出力機能を追加しました。 以下をimport from sklearn2pmml import sklearn2pmml from sklearn2pmml.pipeline impo...
Uncategorized

XGboostなどをGPU対応化

以前、実験した のXGBoost部分をGPUありで動かすための準備です。 gcc XGBoostのコンパイルでgcc version 9以上だとだめ、と言われます。 エラーなくコンパイルできるので、そのチェックをソースコードをいじって外し...
DNN

CPUからIntel NCS2へ、ふたたび

この投稿同様に、Intel Neural Compute Stick2で推論を動かしてみます。 CPUで動作させた際の実行コマンド $ python main.py -i resources/Pedestrian_Detect_2_1_1....
DNN

OpenVINOで物体検出

前の投稿で生成したIR(Intermediate Representation)を使って、人物検出をOpenVINOを使って試してみました。 ソースコードはGitHubにアップロードしました。main.pyとinference.pyが主要部...
DNN

TensorFlow生成モデルをIntel OpenVINO用に変換

OpenVINOで作業するにあたり、pytorch版SSDで行き詰まったので、解決を諦めてTensorFlow版に走っています。 まずはssdlite_mobilenet_v2_cocoからモデルをダウンロードして以下のコマンドを実行。のち...
DNN

NVIDIAのSSD300モデルを調べる

前回の投稿の続きです。今回は学習済みモデルとしてNVIDIAがPyTorchで学習させたSSD300のモデルを利用を検討してみます。検討にあたり、NVIDIAがPyTorchで学習させたSSD300のモデルの特徴を分析してみます。 NVID...
DNN

OpenVINO People Detectionサンプルを動かしてみたが

モデルは生成できたので、実際のプログラムについて学習するため、まずはOpenVINOを使った人物検出のサンプルを動かそうとしています。 実施ステップ自体は、以下を除いて順調でした。 ダウンロードしたモデルのパスが指示されたものと違う場所に...
DNN

OpenVINO Interence Engineへのロード

前の投稿でOpenVINO用に変換したモデルを、OpenVINOの推論エンジンIneference Engineに取り込みます。 以下のコードFeedToIE.pyを実行します。 import os from openvino.infere...
タイトルとURLをコピーしました