2019-11

Ethereum Blockchain

Substrate Smart Contracts Outlook

SubstrateでもEthereumのようにスマートコントラクトを定義してデプロイすることができます。ink!というRustベースのドメインスペシフィックな言語が提供されています。 スマートコントラクト自体がアカウントを持ち、機能呼び出し...
Ethereum Blockchain

Substrateの基本操作

準備でSubstrateのローカルチェーンが起動したので、基本のUI操作を試してみました。 基本のアカウント、送金操作 Fund済のAliceというアカウントが固定でGenesisブロック(チェーンの最初のブロック)に提供されているそうです...
Ethereum Blockchain

SubstrateをUbuntu 18.04にインストール

Substrateについていろいろ試すにあたり、なにはともあれインストールしてみます。公式サイト通りにやってもうまくいきませんでした。多分、公式はMacを対象としているのでしょう。環境としては、Ubuntu 18.04 LTSの元で動かしています。まずは、Substrateをインストールします。
Ethereum Blockchain

Subtsrateって?

インターチェーン技術としてPolkadotのことを調べているうちに、Substrateというものが頻繁に出てきます
Ethereum Blockchain

スマートコントラクトのアップグレード (ZeppelinOS編)

自分の実装で、初歩的な機能分離のみに頼った更新可能なスマートコントラクトのみを作っていたので、デファクトないしベストプラクティスに沿った実装をすべく、OpenZeppelinが提供するライブラリを使ったスマートコントラクトの実装を行ってみました。
Ethereum Blockchain

スマートコントラクトの更新可能性

AragonOSの提供する更新可能性 (Upgradability)に興味を以ていろいろ調べていたのですが、スマートコントラクト自体の更新可能性については、あまりきめ細やかに管理していないようです。スマートコントラクトの更新可能性についてはZeppelinOSのパターンに従います。
Ethereum Blockchain

ENS in AragonOS

AragonOSを別途起動したGanacheで走らせるために、ENS関連の作業を行おうとしていましたが、割とガッツリ実装されていることを知りました
Ethereum Blockchain

Ethereum Name Service

AragonOSのローカル開発環境を整えようとしています。ローカルの開発チェーンを適切に設定する必要があり、その1つにENS ( イーサリアムネームサービス)があります。まずはENSとは何かについて、見ていきます。
Ethereum Blockchain

AragonOSをGanacheとともに使ってみる 失敗編

先のチュートリアルでは、起動時にローカルチェーンを立ち上げてくれていたので、スマートコントラクトのデバッグなどを考えて、Ganacheを別途起動した上で、実行してみようかと思います。ただこの投稿では、うまくいっていないです。
Ethereum Blockchain

Aragon OS のチュートリアルをやってみた

自律型非中央集権組織 (DAO, Decentralized Autonomous Organization)のためのツールとして、Aragon OSを紹介したいと思います。ついでもチュートリアルもいじってみます。
タイトルとURLをコピーしました