Substrate Smart Contracts Outlook

SubstrateでもEthereumのようにスマートコントラクトを定義してデプロイすることができます。ink!というRustベースのドメインスペシフィックな言語が提供されています。

スマートコントラクト自体がアカウントを持ち、機能呼び出しにはGASが必要となります。スマートコントラクトはStorage領域を持ち、維持のためには一定以上の残高を持っている必要があります。

OpenZeppelinのSafeMathのような、オーバーフロー/アンダーフロー発生時の安全対策は予め組み込まれているようです。技術や経験の蓄積の観点から、Solidityのように業務用途で積極的に使うには至らないかもしれませんが、Interchainのカスタマイズなどで触れることがあるかもしれません。

実装の仕方についてはチュートリアルサイトが提供されています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました