Prosys OPC-UAシミュレータとエッジをつなげる準備

Prosys OPC-UA Simulation Server

前の投稿でローカル環境にインストールしたOPC-UAのシミュレータから、エッジに渡すための環境を準備します。

とっても簡単ですが、まず動画追加。Int16のランダムな計測値をアップロードするセンサーを追加します。

Optionメニューをクリックすると、Expertモードにするかチェックがあり、Expertモードにするともっときめ細やかに設定することができます。

これにEdgeをシミュレーションするツールとしてのNode-REDからつなげに行きます。

Node-REDインストールから起動

以下のコマンドでインストールします

$ sudo npm i -g node-red --unsafe-perm=true --allow-root

GitHubから落としてきてビルドしたところ、エラーがでて進まなかったので、上記のようにnpmでインストールしました。

また、今回はOPC-UA向けのプラグインをインストールします。

$ sudo npm i g  node-red-contrib-opcua --unsafe-perm=true --allow-root

ところが、後にこれではうまくいかなかったので、Node-REDのWeb GUIから以下のパスでインストールしなおしました。

うまくいきました

左下のすみに、インストールされたOPCA用のモジュールが現れました。

起動は以下のコマンドで行います。

$ node-red
7 Dec 14:05:01 - [info] 

Welcome to Node-RED
===================

7 Dec 14:05:01 - [info] Node-RED version: v1.0.3
7 Dec 14:05:01 - [info] Node.js  version: v12.13.1
7 Dec 14:05:01 - [info] Linux 5.0.0-37-generic x64 LE
7 Dec 14:05:01 - [info] Loading palette nodes
(以下略)

以下のような画面が起動します。

また、Node-RED OPC-UAで作成したグラフは以下が参考になりました
https://flows.nodered.org/node/node-red-contrib-opcua

コメント

  1. […] 前の投稿の続きです。ローカルにインストールしたOPC-UAのシミュレーションサーバーと、こちらもやはりローカルにエッジとして立ち上げたNode-REDサーバーとを連携させます。 […]

タイトルとURLをコピーしました