OPC-UAとエッジをつなげるテスト環境

前の投稿の続きです。ローカルにインストールしたOPC-UAのシミュレーションサーバーと、こちらもやはりローカルにエッジとして立ち上げたNode-REDサーバーとを連携させます。このブログでは大衆化したAIにならって、IoTとブロックチェーンの大衆化を目指して、ただで誰でもできるIoTとブロックチェーンについて発信しています。5G/IoT通信展とかの大きなイベントでも、こういう大衆化テーマにしてくれる日を祈っています。

OPC-UAシミュレーションサーバー側作業

疑似のデバイスを追加します。エアコンプレッサの空気圧を16bitのデータフォーマットで出力するデバイスを想定して以下のデータソースを追加します。
Mydevice.AirPump.Pressureが今回追加したデバイスとなります。

後にNode-REDで設定するEndpoitのために以下の情報を参照します。このEndpoitタブは、ProsysをExpertモードにすることで利用できます。Optionメニュから、Expert Modeをチェックしてください。セキュリティ設定はここでは行っていませんが、実際の場面では、証明書を適切に設定して、通信を暗号化すべきでしょう。

エッジ(Node-RED)側作業

さて、Simulator側の設定は以上です。ここから、Node-REDの作業に移ります。
Node-REDを立ち上げます。

$ node-red

Node-REDのUIはWebアプリケーションで提供されています。ここではローカルで起動しているので、http://127.0.0.1:1880 にアクセスします。グラフィカルエディターを使って、以下のフローを作成します。

Injection -> OPC UA Item -> OPC UA Client -> Debug
とノードをドラッグドロップして、つなげます。
各ノードは以下の通り設定しました。

まずは入り口です。

OPC UAから取得するデータを定義します。先程、Prosysのシミュレーターで定義した、模擬センサーの値を設定します。

OPC UAのクライアントを定義します。取得データからクライアントをNode-RED上で定義する流れはデータ連携のパターンとなるでしょう。

最期に取得したデータを利用するための出口を定義します。ここではデバッグ用のノードを定義します。

最期に右上のDeployボタンを推して、定義したフローをNode-REDサーバーにデプロイします。

まとめ

ここまでで、OPC-UAサーバーのシミュレータと、エッジを定義しました。Node-REDは簡単にフローを作成できていいですね。以前、とあるAPI Managementツールの設定を行ったときよりも簡単でした。これだったら、業務系とバックエンドのWebAPIサーバーとも簡単に連携できそうです。

次に、このデータを利用する側の実装をして行きます。ようやくIIoTっぽくなってきます。

コメント

  1. […] OPCUAのシミュレーション環境構築の続きです。 […]

タイトルとURLをコピーしました