OPC-UA サーバーをラズパイで起動

OPC-UAサーバーをラズパイで動かす方法はいろいろありますが、今回はKalycito
サイトの手順にしたがってインストールします。

ここでは、インストラクションのうちサーバーのインストールのみを行います。クライアントは別のツールを使う予定です。
一通り実行すると、例としてtutorial_server_firststepsという実行可能ファイルが作られるので、cronで自動実行するようにするためのシェルスクリプトを作成しました。

自動実行対象のファイルとしてshellファイルを作成し、実行権限を与えます。shellファイルの中身は、実行したい対象に合わせて記述します。

$ cd ~/
$ mkdir cron
$ cd cron
$ touch opcuaserver.sh
$ nano opcuaserver.sh
$ chmod +x opcuaserver.sh

CRONでOPC-UAサーバーが自動起動するように設定するため、下記のエントリをこれから追加します。

@reboot sleep 120 && /home/pi/cron/opsuaserver.sh

OS起動時に一回だけ実行されるように時刻を@rebootで指定しました。
念のため、起動後2分待って動くようにしています(sleep 120のところ)。
この内容をcron tableに以下のコマンドを打って追加。エディタが起動するので、そのエディタ内で一行、上記のエントリを追加します。

$ crontab -e

行の追加が終わったら、編集内容を保存してエディタを抜けます。
以下のようにして、設定した内容を有効化し、起動します。

$ sudo systemctl enable cron.service
$ sudo systemctl start cron.service
$ sudo systemctl status cron.service
● cron.service - Regular background program processing daemon
   Loaded: loaded (/lib/systemd/system/cron.service; enabled; vendor preset: enabled)
   Active: active (running) since Fri 2020-04-17 14:38:50 JST; 2h 7min ago
     Docs: man:cron(8)
 Main PID: 328 (cron)
    Tasks: 1 (limit: 2077)
   Memory: 1.2M
   CGroup: /system.slice/cron.service
           └─328 /usr/sbin/cron -f

Apr 17 14:38:50 raspberrypi systemd[1]: Started Regular background program processing daemon.
Apr 17 14:38:50 raspberrypi cron[328]: (CRON) INFO (pidfile fd = 3)
Apr 17 14:38:50 raspberrypi cron[328]: (CRON) INFO (Running @reboot jobs)
Apr 17 15:17:01 raspberrypi CRON[685]: pam_unix(cron:session): session opened for user root by (uid=0)
Apr 17 15:17:02 raspberrypi CRON[690]: (root) CMD (   cd / && run-parts --report /etc/cron.hourly)
Apr 17 15:17:02 raspberrypi CRON[685]: pam_unix(cron:session): session closed for user root
Apr 17 16:17:01 raspberrypi CRON[2507]: pam_unix(cron:session): session opened for user root by (uid=0)
Apr 17 16:17:01 raspberrypi CRON[2511]: (root) CMD (   cd / && run-parts --report /etc/cron.hourly)
Apr 17 16:17:01 raspberrypi CRON[2507]: pam_unix(cron:session): session closed for user root

コメント

タイトルとURLをコピーしました