IoT

Blockchain

QFS (Quantum Financial System)が使われている?

自分が今作ろうとしている、IoTソリューションではブロックチェーンを使って個人情報保護を可能にする仕組みを組み込む予定です。ブロックチェーンではゼロ知識証明という暗号理論領域での技術を使うことができます。ゼロ知識証明を使用すると、トランザク...
IoT

バーチャルエンジニアリングを読んでの感想

IoTがどのように製造業に貢献するか、考える中でいろいろと情報収集していました。そんな中で初めて感銘を受けた著作があったので紹介していと思います。 藤本先生の生産マネジメント入門は生産管理を学ぶ上でとても参考になりました。中小企業診断士の勉...
IoT

IoTでただちに利用可能な機械学習

ステマにするつもりはないのですが(笑 読者が殆どいないブログななのに!)、自社サービスのIoT Platformで、4月からMLの推論部分がエッジでも利用できるようになっていました。 デモする必要もあったので、作成した動画が以下です。 Cu...
IoT

XGBoostをpmmlに出力

以前作成したモデルを、自社製品に取り込めるようPMML出力機能を追加しました。 以下をimport from sklearn2pmml import sklearn2pmml from sklearn2pmml.pipeline impo...
DNN

CPUからIntel NCS2へ、ふたたび

この投稿同様に、Intel Neural Compute Stick2で推論を動かしてみます。 CPUで動作させた際の実行コマンド $ python main.py -i resources/Pedestrian_Detect_2_1_1....
DNN

OpenVINOで物体検出

前の投稿で生成したIR(Intermediate Representation)を使って、人物検出をOpenVINOを使って試してみました。 ソースコードはGitHubにアップロードしました。main.pyとinference.pyが主要部...
DNN

TensorFlow生成モデルをIntel OpenVINO用に変換

OpenVINOで作業するにあたり、pytorch版SSDで行き詰まったので、解決を諦めてTensorFlow版に走っています。 まずはssdlite_mobilenet_v2_cocoからモデルをダウンロードして以下のコマンドを実行。のち...
DNN

NVIDIAのSSD300モデルを調べる

前回の投稿の続きです。今回は学習済みモデルとしてNVIDIAがPyTorchで学習させたSSD300のモデルを利用を検討してみます。検討にあたり、NVIDIAがPyTorchで学習させたSSD300のモデルの特徴を分析してみます。 NVID...
DNN

OpenVINO People Detectionサンプルを動かしてみたが

モデルは生成できたので、実際のプログラムについて学習するため、まずはOpenVINOを使った人物検出のサンプルを動かそうとしています。 実施ステップ自体は、以下を除いて順調でした。 ダウンロードしたモデルのパスが指示されたものと違う場所に...
DNN

OpenVINO Interence Engineへのロード

前の投稿でOpenVINO用に変換したモデルを、OpenVINOの推論エンジンIneference Engineに取り込みます。 以下のコードFeedToIE.pyを実行します。 import os from openvino.infere...
タイトルとURLをコピーしました