IoT

IoT

OPC-UA

OPCはかつてOLE Process Controlの略とされ、なつかしいMicsoftのCOM/DCOMに基づくOLEが使われていました。COM/DCOM(のちにCOM+と言っていいのかな?)は、ソフトウェアのコンポーネント化を現実的に提...
IoT

非クラウド側のインダストリーIoTネットワーク

前の投稿で製造業向けIoT(Industrial IoT)のデータの流れを理解するための、参照モデルとしてCIMの階層について説明しました。この投稿では、各階層の構成要素について見ていき、インダストリーIoTのデータがクラウドに乗る前段階のデータの流れについて見てみたいと思います。
IoT

CIMによる製造プロセスの階層参照モデル

インダストリー4.0の、サイバーフィジカルシステムではデータの情報化が取り組みの入り口となります。その際のリファレンスモデルとして、CIMについて説明します。
IoT

Cyber Physical

サイバーフィジカルはモノやそれをとりまくサービスを、暗号通貨が取引されるブロックチェーン上のトークンエコノミーと結びつけるための鍵となる考え方です。以前流行ったインダストリー4.0が目指す姿となります。製造業において、バリューチェーンと一環して、モノと価値やお金と結びつける考え方となります。
Ethereum Blockchain

IOTA(アイオータ)ことはじめ

IOTAはIoT向けの分散台帳技術を提供していますIOTAはブロックチェーン技術ではなく、"A permissionless distributed ledger for a new economy (新しい経済に向けた非認可型分散台帳)"らしいです。
タイトルとURLをコピーしました