Ethereum Blockchain

署名確認データをOracleにアップするdApp

dAppで署名したデータを署名したメッセージをスマートコントラクトで確認し、Oracleにアップします。実現するシーケンスは下の図の通りですが、あくまでも実験的な目的で作成しています。
Ethereum Blockchain

dApp署名時に警告

ecrecoverの記事で実装したクライアントをdAppのユーザー側のコードに移そうとして、dAppのフロント側で署名しようとしたところ、MetaMaskスクリーンに警告文が出てきました。メソッドが使えなくなるかもしれないそうです。
Ethereum Blockchain

IPFS (αバージョン)のセットアップと使い方

分散ファイルシステム(?)の[IPFS](https://ipfs.io/ "IPFS")をUbuntu 18.04LTS環境にインストールしたのでメモ。
Ethereum Blockchain

Solidityのecrecoverの動作確認

IDとか署名とか調べていくなかで、メッセージと署名から、署名したアカウントのアドレスを回復するといった、基本的なタイプの署名について実装してみました。solidity関数のecrecoverの使い方を確認しています。
Ethereum Blockchain

Identity on Ethereum

非中央集権化したい理想のもとではこれは好ましくないとして、ブロックチェーンならではのアイデンティティ管理方法を統合したイーサリアム上のフレームワークとして、EIPとして[ERC-1484 ](https://github.com/ethereum/EIPs/issues/1495 "ERC-1484 ")があります。
Ethereum Blockchain

DrizzleのEvent動作

TruffleSuiteブログのサンプルに則って、スマートコントラクトのイベントを受け取ってポップアップメッセージが表示されるところまでコーディングを試してみました。これを今後もう少し応用するためにも、内部の動作をもう少し調べてみます。
Ethereum Blockchain

Visual Studio CodeプラグインのSolidity-Visual-Auditor

VS CodeプラグインのConsensysのSolidity-Visual-Auditorが素晴らしかったので、紹介したいと思います
Ethereum Blockchain

M-of-N consensus

業務系システムを作っていてとても面倒くさいのが、承認や権限周り。どうしても階層構造にならなければならなかったり、設定が細かくなりがちだったり。人事系システムが下手すると、従業員の各個々人のための制度を作ってしまうような場合もかつてはあったと...
Ethereum Blockchain

役割に基づいたスマートコントラクトの利用

今回は、役割に基づいたスマートコントラクトの利用制御について考えてみました。 In this post, I am going to consider abou the role-based access control of smart contracts.
Ethereum Blockchain

SolidityのFallback関数

SolidityのFallback関数についてまとめました
タイトルとURLをコピーしました